This page needs JavaScript activated to work.
メニュー

The Savoy で楽しむアフタヌーンティー

The Savoy の中心部にあるThames Foyer(テムズ フォイヤー)。自然光が降り注ぐドーム型のガラス天井の下、専属ピアニストが奏でる心地よいメロディー、美しいボーンチャイナの食器と銀製のカトラリーが生み出すデリケートな接触音、そして静かに流れる通奏低音のような会話のさざめきに身を任せながら、極上のアフタヌーンティーをお楽しみください。

アフタヌーンティー メニュー

The Savoy のトップパティシエ、Daniel Pearse が率いるチームが腕によりをかけて提供するThe Savoy アフタヌーンティー。1名様£75~。メニューにはJINGブランドの紅茶、フィンガーサンドイッチ、 クロテッドクリームとジャムを添えた自家製スコーンなどが並びます。Pearse の創作ペストリーや旬の食材を用いて毎日手作りされる美しいケーキもぜひお試しください。ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ、ドゥーツ ロゼ など、ワインやシャンパンを追加注文されると、さらにスペシャルな午後のひとときをお楽しみいただけます。

べジタリアン、ヴィーガンの方向けのアフタヌーンティーもご用意しております。

The Savoy アフタヌーンティー小史

The Savoy では1889年の開業以来、アフタヌーンティーをご提供してきました。傑出したサービスとともに、テムズ川のパノラマが楽しめるレストランの屋外テラスが最も人気の場所でした。ところがなにせ、お天気が変わりやすいイギリスのこと。やがてすぐにテラスの上にガラス天井が設けられ、レストランの一部になりました。ファッショナブルなカップルがそこで午後のひとときを楽しみ、社交の場に変わっていったのです。

1920年代には、アフタヌーンティーはThe Savoy の確固たる伝統の一つとなりました。当時のメニューを見ると、今日と同じサンドイッチとパティスリーというスタイルがその頃確立していたことがわかります。トースト、イングリッシュマフィン、アイスクリーム、フルーツサラダ、箱入りチョコレート、温かいゴーフル(薄く焼き上げた甘いワッフル)も当時は提供されていました。お茶だけでなく、コーヒーやココアを選ぶこともできました。腹ごなしのためのちょっとしたエクササイズも登場し、それがSavoy名物の「ティーダンス」です。店内に専属のダンスバンドが入り、人気のヒット曲を演奏し、プロのダンサーが最新のステップを披露、お客様と一緒に踊るという趣向でした。

コンセプトや内装が一新された今でも、The Savoy では当時と変わらない古典的なエレガンスに現代的なひねりを利かせたアイコニックなアフタヌーンティーを提供しております。

こちらもご覧ください

ギフト券

テムズ フォイヤーでのシャンパン アフタヌーンティー、Beauty & Fitness でのフェイシャル・トリートメント、The Savoy での1泊、…

レストラン & バー

有名なThe Savoy のエントランスをくぐると、館内にはロンドン屈指のレストランやバーがあります。数々の受賞歴に輝くバーでカクテル、Kaspar’sで旬の食…

Creating The Savoy's Winter Afternoon Tea

There are fewer traditions more British than Afternoon Tea, and The Savoy has be…