This page needs JavaScript activated to work.
メニュー

The Savoy アフタヌーンティー

The Savoy のアフタヌーンティーはもはや永続的に根づいた習慣と言えるでしょう。多種の紅茶と一緒にフィンガーサンドイッチ、自家製スコーンにクロテッドクリームとジャムを添え、季節のケーキやペストリーをご用意しております。エグゼクティブ・パティシエ、ダニエル・ピアス率いるチームが生み出す創造的な品々をお楽しみください。

世界的に有名なThe Savoy のアフタヌーンティーは、館内中央のThames Foyer(テムズ フォイヤー)で提供しております。Thames Foyer はガラスの天井から陽光が降り注ぐ、温かく和やかな雰囲気のアトリウムです。中央には繊細な作りのガゼボ(パビリオン)があり、日中はピアノの生演奏が魅惑的な雰囲気を醸し出しています。

アフタヌーンティー・メニュー

The Savoy のアフタヌーンティー・メニューは、お1人様 65.00ポンド~。伝統的なアフタヌーンティー(the traditional Afternoon)とハイ・ティー(High Tea)の2つのメニューから、お好きな1品をお選びいただけます。紅茶の種類は30種類以上、エグゼクティブ・パティシエのダニエル・ピアスとチームが提供するのは、技ありの正統派サンドイッチ、自家製スコーンのクロテッドクリーム、ジャム、レモンカード添え、そして才能あふれるペストリーチームが作った厳選のペストリー。それぞれが魅力的な芸術作品です。特別な日にはルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエまたはドゥーツ・ロゼのグラスを追加してスペシャルな雰囲気をお楽しみいただけます。

通常メニューに加え、ビーガン・アフタヌーンティー(Vegan Afternoon Tea)とベジタリアン・アフタヌーンティー(Vegetarian Afternoon Tea)をご用意しております。

The Savoy アフタヌーンティーの歴史

1889年のホテル開業以来、1世紀以上に渡り数多くのお客様にThames Foyer を訪れていだいております。現在ご利用いただいているThe Savoy のアフタヌーンティーのスタイルは、1840年にまで歴史を遡り、今日までこれを維持しご愛顧いただいてきたことを誇りに思っています。

以前は屋外テラスにあったレストランは、テムズ川のパノラマを望みながら非の打ちどころのないサービスが受けられる人気のスポットでした。 ご存じの通り雨の多いイギリス、テラスはすぐにガラス張りになり、メインレストランの一部に組み込まれました。そしてそこでは、ファッショナブルなカップル達が午後の軽食を楽しんだのです。

1920年代までに、アフタヌーンティーはThe Savoy の確固たる伝統となりました。今日まで続いているサンドイッチ、それにパティスリーが加わり現在のアフタヌーンティーの姿が確立されていきます。 他にも、トースト、イングリッシュマフィン、アイスクリーム、フルーツサラダ、チョコレート・ボックスなどのメニューが勢ぞろいし、リクエストに応じて、ホット・ゴーフル(薄い甘いワッフル)も注文できました。紅茶自体がコーヒーやホットチョコレートに取って代わられた側面もあるかもしれません。そんな甘い贅沢は、少し穏やかなエクササイズで相殺されなければ・・・ということで、ハウス・バンドがポピュラーな楽曲を奏で、プロのダンサーが最新のステップを披露、The Savoy は一転ゲストも踊るダンス場と化したのです。

今日、The Savoy の象徴たるアフタヌーンティーはコンセプトや環境を更新しつつ、伝統的な優雅さに現代のひねりを加えたものとなっています。

The Savoy にお越しの際は、ぜひアフタヌーンティーをお試しください。時空を超えた素晴らしいお食事を体験していただけます。

 

Serving times

営業時間
12:00~14:00(月・火)12:45までに入店。
12:00~18:00(水~日)16:45までに入店。

お問い合わせ